奈良一刀彫 志清

  
 
一刀彫は、鎌倉時代に春日若宮祭で木偶を飾ったのが始まり。

ヒノキやクスノキなどを豪快に彫り上げ、金箔や岩絵の具で華麗な極彩色に色付けします。

森川杜園の職人魂を継ぐ匠・土井志清が醍醐味を見せます。
お問合せ:0742-41-0694