カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
お買上金額5,400円以上送料無料(沖縄・離島除く)!
5,400円未満、送料全国一律540円。沖縄及び一部地域・離島(お買上げ10,800円未満)は西濃便送料1,728円。
お買上げ商品「A4判・厚さ3cm・目方1kg以内」メール便(専用梱包資材+送料税込250円)対応。
◆メール便ご希望の方へ     ◆当店からのメールが届かないお客様へ

ご注意:当社の商品画像、記事を無断転用している「threewoodjapan.win」、当社社名と住所を騙り食器販売「cuajt.online」やパソコン等の販売「dielt.pw」は、当社と全く関係がございません。
 

15104s 墨運堂 彩墨 金銀墨  【メール便対応】


主として写経用に開発された金墨です。中金(赤金)、青金の2種類あり、それぞれお好みのものをお使い下さい。純金ではありません。真中金の為下記の説明をよくお読み下さい。
使用法…普通の硯で充分すれますが、金の方が重いものですから硯の底に沈殿します。この沈殿したドロ状の金を使うわけで上水を使うのではありません。ご注意下さい。ニジム紙にはこの上水がニジミ出しアクが出ます。ニジミの出ない紙の場合は表面にこの上水(アク)が乗りますので、時間とともに酸化して金が黒ずんできます。このことを少なくする為に2?3度アクぬきをしますと金色も冴え、黒ずみも少なくなります。アクぬきは硯の池にすりこんだ金墨をかき混ぜて静置し、金が完全に沈殿した後、条水を捨てます。その後水を加え攪はんし沈殿させた後上水を捨てる。この作業を2?3度繰り返します。さらに表具の問題もあり酸化を防ぐために作品完成後フィキサチーフ(木炭画を定着させるスプレー)で表、裏面を塗布して下さい。
書き方…筆は普通の小筆よりも面相筆タイプのものが良いようです。当社写経金錠用筆をお試し下さい。筆に沈殿した金墨をどっぷり含ませ、ゆっくり盛り上げるように書くのがコツです。

【商品材質】顔料、膠

商品実寸法mm:16*63*6
商品実重量g:18
外装寸法mm:34*80*18
外装+本体重量g:28
包装資材:布貼箱

取扱注意事項

15104s 墨運堂 彩墨 金銀墨  【メール便対応】

メーカー:墨運堂
型番:15104s
メーカー希望小売価格:
3,240円(税込)
価格:

2,268円 (税込)   <30%OFF>

[ポイント還元 22ポイント〜]
お選び下さい:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■ 商品説明

主として写経用に開発された金墨です。中金(赤金)、青金の2種類あり、それぞれお好みのものをお使い下さい。純金ではありません。真中金の為下記の説明をよくお読み下さい。使用法…普通の硯で充分すれますが、金の方が重いものですから硯の底に沈殿します。この沈殿したドロ状の金を使うわけで上水を使うのではありません。ご注意下さい。ニジム紙にはこの上水がニジミ出しアクが出ます。ニジミの出ない紙の場合は表面にこの上水(アク)が乗りますので、時間とともに酸化して金が黒ずんできます。このことを少なくする為に2?3度アクぬきをしますと金色も冴え、黒ずみも少なくなります。アクぬきは硯の池にすりこんだ金墨をかき混ぜて静置し、金が完全に沈殿した後、条水を捨てます。その後水を加え攪はんし沈殿させた後上水を捨てる。この作業を2?3度繰り返します。さらに表具の問題もあり酸化を防ぐために作品完成後フィキサチーフ(木炭画を定着させるスプレー)で表、裏面を塗布して下さい。書き方…筆は普通の小筆よりも面相筆タイプのものが良いようです。当社写経金錠用筆をお試し下さい。筆に沈殿した金墨をどっぷり含ませ、ゆっくり盛り上げるように書くのがコツです。【商品材質】顔料、膠。商品実寸法mm:16*63*6 。商品実重量g:18 。外装寸法mm:34*80*18 。外装+本体重量g:28 。包装資材:布貼箱。取扱注意事項:

■ 商品仕様

製品名彩墨 金銀墨 
型番15104s
メーカー墨運堂
区分 新品

ページトップへ